EDDDGE EDDDGE

イベント

研究集会

研究集会

2019年度 JST CREST領域[数理的情報活用基盤] 採択課題キックオフ
国際研究集会「設計の新パラダイムを拓く新しい離散的な曲面の幾何学」
日時
2020年3月6日(金)〜3月8日(日)
会場
鹿児島大学工学部建築学科棟2号館01教室
〒890-8580 鹿児島市郡元1丁目21番24号
鹿児島大学郡元キャンパス

アクセス詳細

講演者
チュートリアル講演:
土屋 卓也(愛媛大学)「古典的Plateau問題の有限要素近似について」
廣瀬 三平(芝浦工業大学)「離散微分幾何と有限要素法の関係について」
招待講演:
寒野 善博(東京大学)「非平滑力学に対する加速勾配法」
張 景耀(京都大学)「離散系空間構造の形態解析法」
Konrad Polthier(Freie Universität Berlin) “Geometric Data Analysis”
宮本 好信(愛知工業大学)「ORIGAMI: 芸術と科学の時空」
Gobithaasan Rudrusamy(Universiti Malaysia Terengganu)“A Revisit on Merging Geometric Modeling with Topological Data Analysis”
鍛冶 静雄(九州大学)“Discrete surface deformation with a specified Gaussian curvature”
意見交換会
日時:2020年3月7日(土)
場所:鹿児島大学内
会費:6,000円
お申込み:2020年2月20日(木)までに下記の参加登録フォームよりお申込みください(期限延長されました)
参加登録
参加費は無料です。

参加登録はこちら

3月6日

AIMaPセッション「離散微分幾何と有限要素法の融合.建築とCGヘの応用」
有限要素法チュートリアル

  • 10:00 - 11:10

    古典的Plateau問題の有限要素近似について(1)

    土屋 卓也(愛媛大)

  • 11:20 - 12:30

    古典的Plateau問題の有限要素近似について(2)

    土屋 卓也(愛媛大)

  •  昼休み

  • 13:40 - 14:50

    離散微分幾何と有限要素法の関係について(1)

    廣瀬 三平(芝浦工大)

  • 15:10 - 16:20

    離散微分幾何と有限要素法の関係について(2)

    廣瀬 三平(芝浦工大)

AIMaPセッション「離散微分幾何と有限要素法の融合.建築とCGヘの応用」
意匠設計の数理

  • 16:30 - 17:00

    A Revisit on Merging Geometric Modeling with Topological Data Analysis

    Gobithaasan Rudrusamy(Universiti Malaysia Terengganu)

  • 17:00 - 17:30

    Discrete surface deformation with a specified Gaussian curvature

    鍛冶 静雄(九州大)

3月7日

AIMaPセッション 「離散微分幾何と有限要素法の融合.建築とCGヘの応用」
構造設計の数理

  • 10:00 - 11:00

    非平滑力学に対する加速勾配法

    寒野 善博(東京大)

  • 11:10 - 12:10

    離散系空間構造の形態解析法

    張 景耀(京都大)

CREST ED3GEセッション

  • 13:30 - 14:00

    設計の新パラダイムを拓く離散的な曲面の幾何学

    梶原グループ(九州大)

  • 14:20 - 14:50

    クライン幾何による自由曲線・曲面の生成

    三浦グループ(静岡大)

  • 15:10 - 15:40

    曲面法線マップ画像に基づく区分可展面の生成

    前川グループ(早稲田大)

  • 16:00 - 16:30

    施工性・力学的合理性に優れた建築構造の設計法

    本間グループ(鹿児島大)

  • 意見交換会

3月8日

CREST ED3GEセッション

  • 10:00 - 11:00

    Geometric Data Analysis

    Konrad Polthier(ベルリン自由大)

  • 11:20 - 12:20

    ORIGAMI: 芸術と科学の時空

    宮本 好信 (愛知工業大学)

  •  昼休み

  • 13:30 - 14:00

    離散変分原理を用いた区分的に滑らかな曲面の設計と最適化

    大崎グループ(京都大)

  • 14:20 - 14:50

    曲面での折りを含む可展形状の設計法と実装

    三谷グループ(筑波大)

実行委員
梶原 健司(九州大学)(委員長)
大崎 純(京都大学)
本間 俊雄(鹿児島大学)
横須賀 洋平(鹿児島大学)
三浦 憲二郎(静岡大学)
前川 卓(早稲田大学)
三谷 純(筑波大学)
井ノ口 順一(筑波大学)

本研究集会は
・CREST研究領域「数学・数理科学の連携・融合による情報活用基盤の創出と社会課題に向けた展開」2019年度採択課題 「設計の新パラダイムを拓く新しい離散的な曲面の幾何学」の支援を受けて開催されます。

主催
国際研究集会「設計の新パラダイムを拓く離散的な曲面の幾何学」実行委員会
共催
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所,鹿児島大学大学院理工学研究科
後援
科学技術振興機構
dummy01

2019年度 
JST CREST領域[数理的情報活用基盤] 採択課題キックオフ
国際研究集会「設計の新パラダイムを拓く新しい離散的な曲面の幾何学」

ポスター詳細

ー 問い合わせ・連絡先 ー
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
数理・IMIプロジェクト事務室 古谷・朝永
E-mail:crest-ed3ge-admin"at"imi.kyushu-u.ac.jp("at"は@に変更してください)